藤の花と牡丹

公園で咲いていた紫色の藤。 まるでブドウの房のように、たくさんの美しい花を咲かせるフジ。フジ色といわれる通り、紫のイメージが強いフジの花ですが、白、ピンクなどのものもありますが、公園で見かける紫色のフジ棚も圧巻です。素晴らしいフジ棚です。 散歩の途中で出会った藤の花が素晴らし美しいので写真を撮ってきました。 何年も…
コメント:11

続きを読むread more

国営ひたち海浜公園

華やかな春のフラワーリレーは、スイセンから柔らかな木漏れ日と白、黄色のスイセンが絨毯のように織りなし、幻想的な風景が何処までも広がります。スイセン公園周りには八重桜が咲いていました。 黄色いスイセン エドナーリ3W-00R。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため。「みはらしの丘」内の順路が一方通行となります。 茨城…
コメント:9

続きを読むread more

あけぼの山農業公園

千葉県柏市のあけぼの山農業公園の花畑で早くもチューリップが見ごろを迎えていました。赤や黄色など6色の球根16万球が植えられており、暖かい陽気に誘われ今週末に満開を迎える見込み。近くのさくら山で散り始めたサクラとの「共演」が訪れた人たちを楽しませております。同公園によると、例年より一週間はやい3月24日に開花。今年もチューリップフェスティ…
コメント:4

続きを読むread more

庭の花とルピナス!

ルピナスは、地中海沿岸や北米が原産のマメ科ハウチワマメ属の一、二年草です。耐暑性が弱いので、温暖地の場合は、秋まき一年草になります。この仲間では、ラッセル、ルピナスを最によく見かけますが、一、二年草の仲間にもカサバルナスやキバナルピナスなどがあります。 別名:ハウチワマメ(葉団扇豆) 鉢植えのビオラ。 ビオラは、北…
コメント:2

続きを読むread more

源平枝垂れ桃

「源平枝垂れ桃」という名は源氏と平氏の旗色が「白」と「赤」であることに由来しています。ハナモモは、花を観賞するために改良されたモモです。サクラの花の咲く時期に前後して開花の最盛期を迎え、艶やかなピンクや赤、白の花が春の庭を採ります。モモは古来より中国では災いを除き、福を招くとされてきました。日本への渡来は古く、弥生時代と言われています。…
コメント:3

続きを読むread more

庭の花 ヒマラヤ雪ノ下

ヒマラヤ雪ノ下は、その名の通りヒマラヤ原産のユキノシタ科ヒマラヤユキノシタで、もともと、この属のストレイチー(Bergenia stracheyi)につけられた名前です。上は、それ以外の種類や交雑種もひっくるめてヒマラヤユキノシタと呼んでいる場合が多い。寒さに強く、何年たっても草姿が乱れないのが園芸品種として人気があります。 雪の…
コメント:2

続きを読むread more

雨引山楽法寺の河津桜

雨引山楽法寺(あまびきさんらくほうじ)。 雨引観音仁王門二階造りで、上層に縁を張り出して高欄を巡らした楼門形式をとり、下層正面の左右に仁王像を安置しています。柱はすべて丸柱で、柱脚部を丸める「ちまき」がみられ、足下に礎盤を置いています。軒下の組物と高欄腰組は、ともに三手先斗栱です。中央出入口の鏡天井には、竜と天女の絵(徳善書の署名があ…
コメント:4

続きを読むread more

第48回筑波山梅まつり

「筑波山梅まつり」始めました。 梅まつりは、当初、今月13日から始まる予定でしたが県が独自の緊急事態宣言を出していたことから延期となっていましたが、県が今月23日の午前0時で宣言を解除したため、ようやく26日、当初の予定から2週間近く遅れて まつりの初日を迎えることが出来ましたので、筑波山梅まつりを見に行ってきましたので紹介しておりま…
コメント:4

続きを読むread more

鉢植えのリーガースベゴニア、ラナンキュラス、ヒヤシンス、ニホンスイセン、フクジュソウの花。

リーガースベゴニア。 鮮やかな花を咲かせるリーガースベゴニアは、球根ベゴニアとベゴニア、ソコトラナを交配させた園芸品種で、エラチオールベゴニアの名でも流通しています。「リーガー」は品種改良を手かけたドイツの育種家の名前です。開花期間が長く真夏を除いて咲き続けます、花の少ない冬の室内に置く花として心が癒される花鉢です。水分を畜得た葉っぱ…
コメント:0

続きを読むread more

キンセンカ、サイネリアなど。

キンセンカは、南部ヨーロッパ原産のキク科キンセンカ属の秋まき一年草です。キンセンカがⅠヶ月以上咲くことから、この名前が付いたと言われています。「別名:カレンデュラ」。 プリムラ、ポリアンサ。 このプリムラ、ポリアンサは、原種ではなく園芸交雑種です。プリムラ、ベリス、プリムラ、エラチオール、プリムラ、ブルガリスなどが交配親にな…
コメント:0

続きを読むread more

鉢植えのサイネリア。

鉢植えの花。 サイネリアは、カナリア諸島原産のキク科フウキギク属の宿根草ですが、耐暑性が弱いので秋まき一年草として扱われます。もう一つの呼び名である「サイネリア」が一般的な呼び名になっています。色鮮やかな花が咲くサイネリアは、冬の鉢物として代表的です。花期が長いので窓辺を飾る花として欠かすことのできない花鉢です。 サイネリア、シンビ…
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

2021年(令和3年)1月5日(火) 明けましておめでとうございます。 昨年中はご訪問くださって、皆様からたくさんの気持ち玉やコメントをお寄せくださいまして、本当に有難うございました。本年も季節の移り変わりの庭の草花や旅で出会った花をお届けできれば幸いです。 今年は、牛さんの年ですね。市内の神社にお参りに行った日に撮った牛の写…
コメント:14

続きを読むread more

庭植えの花カランコエなど。

2020年(令和2年)も残り少なくなりました。この一年を振り返るといろんな事がありましたが、皆様から頂いた温かいコメントや気持玉など頂き、おかげでめげる事なくブログを続けることが出来ました感謝いたします。 今年のブログ更新は、これでおしまいにしたいと思います。新しい年もどうぞ宜しくお願い致します。 カランコエは、ベンケイソウ科カ…
コメント:8

続きを読むread more

温室の花

温室のブーゲンビレアとシクラメンの花。 ブーゲンビレアは、フランスの科学者で探検家の「ルイ、アントワーヌ、ブガンビュ」さんが この花を最初に発見したことから、その名前にちなんで冠された。葉っぱみたいなピンク色の花がいっぱい付いて咲いてくれました。夏から咲き、12月の今でも花が満開に咲いています。今年で10年、花の枝が伸びたので、今年は…
コメント:0

続きを読むread more

竜ケ崎市北竜台の紅葉とカワセミ。

竜ケ崎市北竜台は、四季おりおりの風景が楽しめる公園です。今が紅葉が素晴らしいです。特に中央のあるストラータ(円柱)の周辺は素晴らしい眺めです。今月一杯は楽しめるでしょう。 メタセコイアの黄葉 北竜台公園の南側にそびえるメタセコイアの紅葉も素晴らしいです。この日は青空が綺麗でした。グラウドや芝生の広場も広大で休日は家族で過ごす…
コメント:4

続きを読むread more

千葉成田山新勝寺の紅葉

成田山新勝寺公園の紅葉!撮影日:2020年11月21日(土)。 広大な境内で寺の歴史と美しい風景を実感する。関東三不動の一つで、真言宗智山派の大本山。天慶3(940)年からの歴史を誇る境内には5棟の重要文化財があり、年間を通して数多くの参詣者でにぎわっている。紅葉の季節は特にすばらしい風情が楽しめる。大本堂の裏手に広がる成田山公園の紅…
コメント:3

続きを読むread more

鉢植えの菊(テイエラシリーズ)など。

テイエラシリーズは、スペイン語で「地球」を意味する新しい精興園のポットマムブランドです。天候によって花の色が変化する場合があります。 テイエラシリーズ。 種類:ポットマム桃色。 種類:クレマンティエラ(ポットマム)紅色。 種類:オリバーティエラ:黄緑ポンポン(中輪)。 庭植え菊と鉢植えのテイエラ…
コメント:0

続きを読むread more

季節の鉢植えの花。

庭で今一番キレイに咲いているフレンチマリーゴールドです。 フレンチマリーゴールドは、アフリカマリーゴールドと比較すると花がやや小さいのですが、花つきが多く花色が豊富です。もっとも最近は、アフリカン系とフレンチ系の交配種もあり、見分けが難しくなっています。 黄色い菊とオオベンケイソウ、ゼラニーム、ミニシクラメン。 オオベンケ…
コメント:0

続きを読むread more

東京ドイツ村

2020年10月12日(月)千葉県袖ケ浦市永吉の東京ドイツ村にケイトの花を見に行ってきました。 千葉県袖ケ浦市の東京ドイツ村でケイトウが見ごろを迎えている。約3800平方メートルに約1万5000株が植えられ、斜面は赤と黄色のふわふわとした絨毯のよう。来月中旬まで楽しめるという。「スタッフが、4日かけて植えたそうです。その数なんと、1万…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲いてる草花。

今年もキレイに咲いてくれました。 マユハケオモトは、南アフリカ原産のヒガンバナ科ハエマンサス属の宿根草です。秋から晩秋に咲く花が眉刷毛を連想するところから、また、葉がオモトに似ているところからこの名前がついています。 花は、秋に太くて長い花径が伸びてきて、眉刷毛を連想させる白い花が咲きます。気温の低くなる時期に開花するので長く咲いて…
コメント:1

続きを読むread more